スポンサーサイト

--.--.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かーねーねー

2007.10.15 
capsuleのHPに久しぶりにアクセスしたら、
何の予告も無しにテトリスが始まった。十字キーオンリーの操作で非常にやり辛いんだけど、いきなり始まるテトリスに無心になって励んでしまう。反省はしていない。またやると思う。

せっせと出会い系やったり、風俗に通う仕事仲間達を見て最近愛について考える。いわゆる男女の愛。一度味わうとまたすぐ欲しくなる。偽者の愛にでも金を払って縋りたくなる。
どうやら愛と麻薬は同じカテゴリーに属すようだ。

そんな事を考えながら、夢も野望も求愛心もない私は、アマゾンでせっせと仮面ライダーV3のDVDを予約注文するのでした。今なら20%オフ。ん~お買い得だわ!

給料日まであと二日。
たーばーこーがーきーれーるー。
スポンサーサイト
Comment 0

れぼりゅーしょん求む

2007.10.11 
テレビを見てたら民主の小沢代表がISAF(アフガニスタン国際治安支援部隊)参加を提唱していることに対して他議員の批判が色々と出てた。
なんていうか、みんな一様に憲法違反だから駄目だとしか言わない。



な ん な ん だ こ い つ ら は 



まず違憲どうこうよりも、国際的な視野を持ってどっちの方が国にとって有益なのかを語るべきではないのか。
自分の倫理に沿ってISAF参加は人道に反するのではないか?と言うのならまだ良い。国際的視野は別にしても一応憲法という枷をはずして自分の意見を言っていることになる。
今の違憲だ、というのは小学生の学級会でこのラインまではいじめじゃないけどここから上はいじめだとかそうじゃないとか言いながら揉めてるだけ。

結局は反戦左翼の支持率が落ちるのを恐れてとりあえず違憲って言っときゃいいか、くらいのことしか考えていないのが見え見え。もしくは批判している本人が反戦左翼なのか。

米の尻拭いしにアフガンまで行きましょうとか提唱する小沢代表もどうかと思うが、ただ違憲だから批判している奴らはもっともっと下のクズだ。

そして議員が議員なら民は民でまたひどい。
反戦平和とか言ってる奴らは国のことを顧みずとにかく反対してれば良いとか思ってるみたいだが、それに国を巻き込まないで欲しい。やるなら自分一人が犠牲になって世界を平和にする覚悟を持てよ。国の犠牲はそのまま民への犠牲に繋がるということを今の民はよくわかってない。無駄に他人に迷惑をかけるんじゃないよ。
国という傘に守られながら、まるで消費者(お客様)であるかのように文句ばかり。守られている有り難味もなんのそのである。


絶望した。ドン詰まりの日本に絶望した(アニメよかったらしいですね)

そしてこんな所で他の批判ばかりやってる自分は最底辺のクズであると。






死んだらどーする!
Comment 0

一応報告

2007.10.06 
ネット環境復活しました。
無線で256なんでおそろしく不安定ですが。

復活させた主な理由は…
色々楽しみたいのも確かにあるんですが(というかこの速度じゃ色々楽しめない)ちょっとした調べ物したいときにネットがないとそこで思考が終わってしまうのです。

例えば本を読んで学習して、わからない言葉や、これはどうなんだ?と思うところがあった場合、「調べたいなあ。」とは思うんですが、どうしようもなくて消えていったものが結構あるんですよ。
次の段階に思考が進められるところで停止せざるを得ない。勿体無い。

どうでもいいけど飲みすぎて金がないorz
Comment 0

ゆうせいこーしゃ

2007.10.04 
郵政民営化しちゃいましたね。
小泉政権のときは「まあいいか」くらいにしか考えてなかったんですが、こうして実現すると今まで考えもしなかったメリットとデメリットが見えてくる。

メリットは、スピードや値段が今までよりライバルを意識したものに変わってくることや、色々なところと提携していくだろうから、貯金業務が利用できるATMが増えていくこと等。

デメリットは離島や過疎地域の郵便局等は、住民にとっての重要性に反して利益が上がらないため閉鎖に追い込まれる恐れがある。それに伴う局員の再編で職を失う者も多いのではなかろうか。
また、国営から民営に落とすことによって国資本の考えが会社資本に移ることが懸念される。製造業の中国の安い労働力依存で海外に国内の資本が流れている現状をみてもわかるように、一企業は気付かぬうちに会社の利益と繁栄のために国益をかえりみない経営を行っている。経済自由化とは聞こえは良いが、今の日本の現状では国民の経済格差を広げてしまうだけだ。郵便局のような国営企業があることによって国内資本の循環を安定させるのではないだろうか。

民営化の第一目的は郵貯・簡保の資金を官から民に渡し、経済活性させることだそうだが、結局のところ民が経済還元する企業が海外(主に中共)の労働力に頼り切りでは本末転倒ではないか。

武力で他国を侵略する時代は終わりを告げたが、経済的に他国を支配出来る時代がやってきているように思う。このように外資に対して無防備で間に合わせ的な経済政策を行っているようでは、いつしか日本は外資との経済戦争に負け、搾取されるだけの植民地に落ちぶれるのではないだろうか。

話が大きくなりすぎたなあ…
Comment 0

Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。